返回列表 发新话题
打印

村上春樹作品の翻訳者を追うドキュメンタリー監督が来日 大学で特別講義

村上春樹作品の翻訳者を追うドキュメンタリー監督が来日 大学で特別講義

  • 20年以上にわたり村上春樹作品の翻訳を手がけるデンマーク人翻訳家メッテ・ホルム氏を追ったドキュメンタリー「ドリーミング村上春樹」のニテーシュ・アンジャーン監督が来日し、東京・世田谷区の昭和女子大学で開催された特別講義に参加。講師や学生からの質問に答えた。
  • 「初めて読んだ村上作品は『海辺のカフカ』です。今までにない、懐かしい感覚を覚えました。人生で最初に魅了された本はドストエフスキーの『罪と罰』でしたが、村上さんの作品にはそれとは別の宇宙的な感覚がありました。その世界観に自分が入り込むような感覚です」と20歳で村上氏の作品に出合い、映画監督として活動する以前に、作家を目指すきっかけとなったと明かす。
  • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000010-eiga-movi

搜索

手机扫描二维码,关注《译聚网》公众号,每天投送翻译理论,翻译技术及翻译招聘信息。

TOP

返回列表